asaworks

自分の技術備忘録と雑談

【ズルトラ後継機】XiaomiMiMax2を購入して日本語化した話

 

f:id:asa-works:20171122094658j:plain

【ズルトラ後継機】XiaomiMiMax2を購入して日本語化した話

 

前に購入を検討していると記事を書きましたが、
先日アキバをウロウロしていると、MiMax2を発見!
お値段も32,000円程度だったため、衝動買いしちゃいました!
通販だともう少し安そうだったけど、手間と不安を考えたら
これくらいの差額は許容範囲内なのでした。


買ったのはGlobal版。

日本語に対応していないスマホは初めてです。

というわけで今回は日本語対応した話。

途中失敗が多かったので、つまづいたところを纏めてみました。

▼用意したもの
Win7 32bit PC
・転送用USBケーブル(本体に付属していたケーブルを利用)
IIJ MicroSIM(契約済み)
Wi-fi環境

▼日本語化手順

①以下のサイトを参考に「MoreLocale2」のインストールを行う
「MoreLocale2」で日本語すると、全てではないですが、
おおむね日本語表示されるようになります。ですが 日本語化ができません。

②に続きます。


参考にした日本語化手順のブログ

butsuyoku-gadget.com

②「MoreLocale2」の日本語選択
「MoreLocale2」で日本語を選択しようとすると、「権限がないから選択できないよ~」
と表示され、日本語に変更できません。ここで「MoreLocale2」に権限を与えます。
↑のブログに方法が載っていますが私のPCではADBを認識しませんでした・・・

正確には「adb devices」というコマンドでListが表示されませんでした。

Win7だとGoogle USB Driverを手動で適用しないとADBshellが利用できないっぽい
以下のブログを参考に、Google USB Driver をダウンロード

qiita.com


③PCとデバイスをつなぎ、再び①のブログを参考に、adbコマンドを実行します。
「adb devices」で認識しない場合、先に「USB debugging(Security setting)」を有効にしてみる。
※ここでの注意。Wi-Fiが有効になっていると、「USB debugging(Security setting)」が有効にできない。

自分は「adb devices」で何度やっても表示されず。

「USB debugging」有効→繋いでダメ→「USB debugging(Security setting)」→有効にできない
WiFiをOFFに→「USB debugging(Security setting)」→有効→「adb devices」で認識される。

こんなかんじでした。

認識したら再び①のブログを参考に、「adb shell」を実行。この場合管理者モードでなくても実行されました。

④「MoreLocale2」で日本語を選択にできるようになった。

▼備考
「MoreLocale2」で完全な日本語化にはなりません。聞くところによると「MIUI9」で日本語対応される模様。
面倒なROM焼きは不要ですね。

tusb-blog.com

ちなみに自分のところにはまだOTAがきません。なぜだろう・・・。


とりあえずエセ日本語化ですが、行ったことで格段に使い勝手がよくなりました。
使用感等についてはまたのちほど・・・。

【タブレット】シャオミ「日本語専攻出て行け」騒動【ズルトラ難民】

タブレット】シャオミ「日本語専攻出て行け」騒動【ズルトラ難民】

f:id:asa-works:20170501160258p:plain

前回、ズルトラからの乗り換え先としてシャオミMiMixを挙げましたが、
直後に残念な騒動に・・・。

www.huffingtonpost.jp

 

発言した社員は謝罪に追い込まれたようですが、心の中ではアカンベーなのかなぁと
思ってます。思想がそんなことですぐに変わるはずないもんね。

 

でも私の考えとして、社員が反日の思想をもっていようが商品の良し悪しとは
関係ないかなと。いいものは買う。そういう考えです。

 

仮に株所有してたらそういうとこも気にするでしょうが。

 まぁでも、普通に考えて、こういう立場の人間が、こういう発言しちゃダメだよね・・・。

【タブレット】Xperia Z ultraからの乗り換え先【ズルトラ難民】


タブレットXperia Z ultraからの乗り換え先【ズルトラ難民】

f:id:asa-works:20170501160258p:plain

Xperia Z ultra(以降ズルトラ)の購入から3年近く経過しようとしていまして、買い替えを検討中。というか、2年経過時点で故障を想定して、次を探していました。合間を見ては、探して、だけどなかなかしっかりくるものもなく、という状態だったのですが、シャオミの Mi Mix2リリース発表に伴い、Mi Mixが値下がりした!ということでこれは買い時なんじゃないか!と!買い替え先を再度検討しました。


Xiaomi Mi Mix

ディスプレイ 6.4″ 1080 x 2040 ピクセル
SoC Qualcomm MSM8996 Snapdragon 821 ,Adreno 530
RAM&ROM 4GB/128GB or 6GB/256GB
カメラ 5MP フロント/16MP(f/2.0)
接続性 GSM / GPRS / EDGE (850, 900, 1800, 1900 MHz)UMTS / HSPA+ (850, 900, 1900, 2100 MHz ) 4G
LTE (B1, 2, 3, 4, 5, 7, 8, 38, 39, 40, 41)802.11 a/b/g/n/ac 2.4 GHz + 5GHzdualband
日本ではdocomoソフトバンクにおいて利用が可能 4G3Gのデュアルスタンバイが可能
バッテリー 4400 mAhサイズ MiOS Android OS, v6.0.1 MIUI 8

 

ズルトラは極太ベゼルとバカにされていましたが、こちらはベゼルレス。huaweiのp8maxも候補にしてたけど、huaweiのロゴがダサくてパス。Xiaomiはデザインも悪くない。
バッテリーも魅力的。
ただ中華タブって怪しげなイメージがあるのでよく検討しないとね。実際買って使っている方、日本語化についてのブログも漁ってみました。

 

買った方のブログ

Xiaomi Mi MIXを3ヶ月使っての感想 | ガジェットメモ

日本語化について書いてる方のブログ

http://fanblogs.jp/tb/5539049

 

 

f:id:asa-works:20170922092020j:plain

 ちなみに肝心の価格。
EXPANSYSでかなりお安くなっている模様(2017/9/20現在\53,543)

Xiaomi Mi Mix Dual-SIM (4GB/128GB, Ceramic Black)キャンペーン & スペシャルオファー - EXPANSYS 日本

 

EXPANSYSって利用したことないけどどうなのか。
実際購入された方のブログ。参考になります。

 

EXPANSYSの評判は?実際に購入して辛口レビュー | 携帯乞食でブラックリスト!iPhone・スマホ・格安SIMの最新情報を発するブログ

 

 
もういっこ候補として
ZenFone 3 Ultra SIMフリー

 

f:id:asa-works:20170922092032j:plain

 

 

www.asus.com

 

こちらはサイズがちと大きそう・・・
2016年の冬モデルで、現在価格は¥50,000程度。

Xiaomi MiMixとの比較
※私が重要視する項目のみ比較してみました。
ちなみにライトユーザーなのでミドルレンジで十分と考えての比較です。

 

価格・・・購入先によっては同等の価格
デザイン・・・MiMixのほうが好み
サイズ・・・MiMixでしょ
カメラ・・・MiMixに軍配
CPU・・・どちらでもよいかな~
ストレージ・・・ZenFone 3 Ultraに軍配。MiMixはSDカード非対応!残念!
購入先・・・ZenFone 3 Ultra
バッテリー・・・両方申し分ないかな

 

というわけでほぼかなりMiMix寄りなんですが、購入先が一番のデメリット。
個人輸入が不安なわけで。あと怪しい中華アプリが入っていないかとか。

手間を取るならMiMix
お手軽さをとるならZenFone 3 Ultra、アクセサリー類も充実してそう。

かな。と思ってます。

もうちょっといろんな人のブログとかを探ってみて、冬のボーナス時には購入したいものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

【フリーソフト】テキストファイルの差分表示WinMerge

f:id:asa-works:20170826105018p:plain

フリーソフト】テキストファイルの差分表示WinMerge

ファイルの差分チェックの際に、フリーソフトWinMergeを利用しています。
フリーソフトですが余分な機能もなく、使い方も簡単。

私はコチラ↓からダウンロードしました。

forest.watch.impress.co.jp

ちなみにマイ環境はWindows7 SP1 32bitです。

こんなことができるぞWinMerge

比べたいファイルをWinMerge内にドラッグします。
ファイルは3つまで比較できる模様。

f:id:asa-works:20170826105210p:plain


差異がなかったときはこのような表示

f:id:asa-works:20170826105135p:plain

差異があった場合は、差異があった箇所に色がつきます

行数に差異があった場合の表示

f:id:asa-works:20170826105149p:plain

文字数に差異があった場合の表示

f:id:asa-works:20170826105225p:plain


さらにさらに便利機能としてファイルのマージができます

f:id:asa-works:20170826105235p:plain


日常でこれだけ機能があればじゅうぶん。ってことでオススメフリーソフトとして
紹介いたしました!

【Windows】同期してファイル起動するバッチ

f:id:asa-works:20161013115159p:plain

Windows】同期してファイル起動するバッチ

バッチファイルでシステム(access)を起動する備忘録。
だいたい汎用2パターンでまかなってます。


Case1 常に共有フォルダ(例としてZドライブとする)からローカルに上書きコピーし、ローカルのファイルを開く
▼DBとAPを分けている場合、こちらを利用しています。
ユーザーに常に新しいバージョンを提供できるので、利用頻度が高いです。

@echo off
echo testDBを開いています・・・
SET FILE1="Z:\share\testsystem\testDB.mdb"
SET FILE2="C:\Users\testuser\Desktop\testsystem\testDB.mdb"
    copy /Y %FILE1% %FILE2%
    start "" %FILE2%
exit /B


Case2 FileAとFileBの更新タイムスタンプを確認、新しいほうと同期を取り、
開くのはローカルファイル
▼Case1とは違い、ひとつのファイルで簡潔している場合、こちらを利用しています。
利用頻度の高いシステムや複数人で使う場合、データ不整合が起きる可能性が多いので注意!ちょっと使い勝手が悪いかも。

@echo off
echo testDBを開いています・・・
SET FILE1="Z:\share\testsystem\testDB.mdb"
SET FILE2="C:\Users\testuser\Desktop\testsystem\testDB.mdb"
REM 更新日時
SET TIMESTAMP1=""
SET TIMESTAMP2=""
REM 更新日時取得
    FOR %%a IN (%FILE1%) DO SET TIMESTAMP1=%%~ta
    FOR %%b IN (%FILE2%) DO SET TIMESTAMP2=%%~tb
REM 更新日時比較
    IF "%TIMESTAMP1%" == "%TIMESTAMP2%" (
    REM 同じ
        start "" %FILE1%)
    ELSE (
        IF "%TIMESTAMP1%" GTR "%TIMESTAMP2%" (
        REM ファイル1の方が新しい
            start "" %FILE1%)
        ELSE (
        REM ファイル2の方が新しい
            copy /Y %FILE2% %FILE1%
            start "" %FILE1%
            )
        )
exit /B


Case2は色々と課題アリ。一人で作業するファイルに使ってることが多いです。
Case1を利用するためにAccessといえど、APとDBを分けておくほうが
メンテしやすくて好みだなぁ~~~