asaworks

自分の技術備忘録と雑談

【SQLServer】ManagementStudio2008R2で実行したクエリの出力

SQLServer】ManagementStudio2008R2で実行したクエリの出力

 

f:id:asa-works:20170616170822p:plain

 

実行したクエリは今までスクショをとっていたのですが、実行文も、結果も、出力できるようですね。
ということで、忘れないようにのメモ

まずクエリ実行前に出力方法を設定します。

メニューの「クエリ」→「クエリオプション」→「結果」→「テキスト」を選択し、
「結果セットにクエリを含める」にチェックを入れます。

これで出力データに実行文が含まれるようになりました。

f:id:asa-works:20170616170902p:plain

 

f:id:asa-works:20170616170915p:plain

 

続いて「クエリ」→「結果の出力」→「結果をファイルに出力」を選択します。

f:id:asa-works:20170616170930p:plain


この状態でクエリを実行します。
クエリが終了すると、結果をどこに出力するかのダイアログが聞かれるので、適当に指定します。

結果は「****.rpt」という形式で出力されますが、テキストエディタで中を見ることができます。

f:id:asa-works:20170616170950p:plain


出力データはこんなかんじ。

実行文が上に表示され、下に結果が表示されます。

f:id:asa-works:20170616171002p:plain

 

複数のSQL文の場合も上に実行文が表示され、下に結果が表示されます。
間に結果の長いSELECT文が入っていたりすると少しみにくいかも。

でも作業証跡としてはこれで十分だと思います。

f:id:asa-works:20170616171056p:plain